私なりのコンプレックスとの向き合い方

昨日のコミュニティの集まりでも少し話したのですが、今はだいぶ自分のコンプレックスから解放されているなーと、ふと思ったので記録。

前は結婚していないとか、平凡(能力も容姿も)であるとかがコンプレックスだったのだけれど、今はそれが自分なんだわーと受け入れられるようになった感じ。

結婚していないこととか、恋愛のこととかは、以下の記事でどうぞ(noteの記事です)。

受け入れられるようになった理由はなんだろうなーと考えてみると、

  • それなりに年を取った
  • 一度向き合って、納得できた
  • やりたいことができるようになった
  • コンプレックスを気にしている時間がもったいないと思うようになった

みたいなことがあげられるかなと。

年齢を重ねると、自分を受け入れるしかないなーと言う場面に数多く遭遇し、結果、自分なりに向き合って結論だして自分を説得してきたんですよね。今思うと。自分で変えられないものは受け入れるしかない。

あとは、やりたいことに何でも手を出すようになったことも1つの要因かなー。悩んで手を出さないでいるよりは、やってみた方が結果も分かるし、諦めも付く。

最初の転職したことが大きな転機にはなった気がします。何とかなるもんだなと言うことが分かり、次への踏み出しハードルが低くなったのを感じました。

やりたいことを色々やり始めていると、コンプレックスを気にしている時間がもったいなくなってきます。時間がいくらあっても足りないし!

そして、やりたいことをやっている中でぶつかったコンプレックスはその都度向き合って解決する、と言うことを繰り返すと、徐々に自分がよく理解できるように。これが自分なんだ!と受け入れられる懐がどんどん広がっていっているなと思います。好循環!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA